FC2ブログ
NPO文化財を守る会のブログです。こちらで活動のお知らせや報告をしていきます

2019/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月27日(土)、浜松市西区周辺(舞阪・雄踏など)の災害に備える文化財ウォークの報告です。
参加者は会員限定の18名で、お天気も良好で、気持ちよく学びながら巡ることができました。
弁天島駅を出発し、浜松市文化財課の鈴木敏則様に解説をいただきながら道中を歩きました。
この日はなんと偶然にも舞阪の岐佐神社の例祭!!
旧東海道舞阪宿周辺は道の両脇に青竹が立ち並び(これがとても美しい…)、準備に勤しむ人々が行き交う、常時とは異なった雰囲気を醸し出していました。
この周辺地層は砂丘ということで、液状化など地形を考慮した防災を目指していることを教えていただきました。
津波被害を描いた古い絵図を片手に、現地を歩いて過去の被害状況を確認して行くという道程は、今後の防災対策を考える上で非常に役に立ちました。

ブログ祭りDSC07902

お昼ごはんは、晴れ渡る空の下のお弁当チームと周辺の料理店チームの2つです。
ちなみに料理店チームの一例ですが、うな重の特大でした。

午後は国の重要文化財に指定されている「中村家住宅」へ。
家康の次男である結城秀康が誕生した由緒ある茅葺きの建築でした。
今回の文化財ウォークで舞阪・雄踏地区の多くの文化財や過去の津波被害や、避難の痕跡を確認できたことは、文化財の防災を考えて行く上での、非常に重要なヒントを与えてくれました。そして、災害に備えて文化財を守ることと、その文化財を守り伝えてきた住民を守ること、両方のバランスを取れていることが大切なのだと改めて気づきました。今後の活動に役立てたいと思います。
来年も皆様のご参加をお待ちしています。

ブログ舞阪DSC07901
舞阪脇本陣にて記念撮影
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://bunkazaiwomamorukai.blog.fc2.com/tb.php/72-6a8ab27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。