FC2ブログ
NPO文化財を守る会のブログです。こちらで活動のお知らせや報告をしていきます

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

当会会員の立花さんより、「≪仙台昭忠碑銅標≫をめぐって」
調査・見学会+研究会・シンポジウムのお知らせがありました。

昨年3月11日の東日本震災で破損した仙台≪昭忠碑≫についての現地調査・研究会です。
興味のある方は是非ご参加下さい。


【6月2日(土曜日) 調査・見学会】

 場所:仙台青葉城址≪昭忠碑≫設置現場 現場集合
 時間:14時から開始、夕刻まで調査
    19時から、仙台市内中心部の居酒屋(場所未定)で懇親会



【6月3日(日曜日) 研究会・シンポジウム】

 場所:小田急仙台ビル会議室 仙台市青葉区一番町4-7-17
    地下鉄「勾当台公園駅」徒歩1分 アクセスは下記HPをご覧ください。
    http://www.odakyu-fudosan.co.jp/office/sendai/5/index.html 

 9時30分 会場

 10時   研究会 午前の部開始
       司会挨拶 司会 篠崎未来・藤曲隆哉
       発表1「近代日本彫刻史の中の≪昭忠碑≫」 大坪潤子
       発表2「≪昭忠碑≫の<金鵄>を作った人たち―彫刻家・沼田一雅を中心に―」 田中修二
       発表3「≪昭忠碑≫と顕彰慰霊碑の系譜について」 立花義彰
       発表4「≪昭忠碑≫の新発見資料について」(仮題) 伊藤尚太(宮城県護国神社 英霊顕彰館 学芸員)

 昼食
 
 13時   研究会 午後の部開始
       発表5「≪昭忠碑≫をめぐるこれまでの経緯について」(仮題) 村上道子
       発表6「作品の鋳造技法と破損状態について」 高橋裕二
   
 14時頃  シンポジウム開始
       「≪昭忠碑≫の歴史と今後の保存をめぐって」
        発言者は、宮城県護国神社権宮司の田中於菟彦(おとひこ)氏をお迎えし、大坪潤子、
       田中修二、立花義彰、村上道子、高橋裕二、進行は黒川弘毅の各氏を予定しています。
 
 15時30分頃 終了  
          閉会挨拶 藤嶋峻曾 




※詳細は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


屋外彫刻調査保存研究会

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
武蔵野美術大学 彫刻学科研究室 黒川方
TEL:042-342-6055
FAX:042-342-5189
研究会ホームページ:http://www4.famille.ne.jp/~okazaki/okugai.htm
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://bunkazaiwomamorukai.blog.fc2.com/tb.php/64-bf38f94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: