FC2ブログ
NPO文化財を守る会のブログです。こちらで活動のお知らせや報告をしていきます

2012/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年から行ってきた狩野川台風被災古文書ボランティアの様子を
静岡新聞さんが記事にしてくださいました。
先日15日(火)にも作業があり、4人の方に参加いただきました。

状態が悪かった古文書については、まだまだ作業は続きますが、
比較的状態が良い古文書は仕上段階に入ってきています。
ボランティアメンバーと、今後の状態が良好に保たれるような保存方法を考えて、
最後の仕上をしたいと思います。


狩野川台風被災の古文書 静岡のNPOが修復(静岡新聞2013/1/16 08:48)
http://www.at-s.com/news/detail/474558374.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter


ブログ001

ブログ002

ブログ000




スポンサーサイト
第一回 災害から文化財をまもる為のシンポジウム
~動産から不動産文化財までの所在情報と一時避難~
 

東海大地震への備えが叫ばれる静岡で、どのような対策が求められるのか、
どのような準備が必要なのか。東日本大震災の被災地で文化財保全に活動されている方々を講師として招き、
これまでの活動を振り返るとともに、今後の大規模災害への備えについて考えたいと思います。


日時 平成25年2月3日(日) 13:00~17:20

開場 静岡県立美術館
   静岡市駿河区谷田53-2



プログラム
● 12:30 開場 受付開始

● 13:00 開会 挨拶

● 13:10 「東海地震への備えと文化財」
    京都造形芸術大学通信制大学院 内田俊秀 氏

● 13:55 「来るべき災害から文化財を守るために」
    東北大学災害科学国際研究所 平川新 氏

● 14:40 休憩

● 14:50 「 即効性のあるレスキューと潜在的被害への対応」
    遊行寺宝物館 遠山元浩 氏

● 15:30 「静岡県文化財等救済ネットワークの取組」
    静岡県教育委員会文化財保護課 柴雅房 氏

● 15:45 「静岡県内での文化財防災活動」
    NPO文化財を守る会(協)静岡文化財保存修理センター 友田千恵 氏

● 16:00 パネルディスカッション

  パネリスト(五十音順)

  京都造形芸術大学通信制大学院 内田俊秀 氏
  静岡県教育委員会文化財保護課 柴雅房 氏
  静岡大学 情報学部 情報社会学科 高松良幸 氏
  遊行寺宝物館 遠山元浩 氏
  NPO文化財を守る会(協)静岡文化財保存修理センター 友田千恵 氏
  静岡県立美術館 新田建史 氏
  東北大学災害科学国際研究所 平川新 氏
  静岡県立中央図書館 渡辺勝 氏


● 17:15 閉会 挨拶

● 17:45 懇親会
    静岡県立美術館内 レストラン エスタ
    会費 5,000円 2時間程度




申し込み


ちらし及び申し込み用紙(pdf)
↑こちらの申し込み用紙を使用して、窓口にFAXいただくか

下記の窓口に
 □ 名前
 □ 連絡先電話番号
 □ 所属(あれば)
 □ 懇親会参加の有無
 □ その他、質問事項等(あれば)

をお伝えください。

NPO文化財を守る会事務局
 電話054-293-6613 
 FAX054-248-0171
 メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp ({}を外してください)




テーマについて

主要テーマを以下に絞って、活発な意見交換ができる場としたいと考えております。
一般の方、歴史、文化にご興味のある方、文化財関連の仕事に従事されている方
あらゆる方にご参加いただければと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

シンポジウムテーマ
「地震災害からどのように文化財を守るのか」
 1.文化財の所在地について
    含:悉皆調査、所在地マップ、ハザードマップ、所在地情報の管理、管理者、
      費用や人員についてなど具体情報、悉皆調査の主体

 2.一時避難場所について
    含:避難場所の確保、管理者、一時避難の方法、費用


20130110121217_00001.jpg


20130110121217_00002.jpg

<会員限定>

昨年より続けて参りました狩野川台風被災文書修理ボランティアですが、
本年も始動します。

現在までは、傷みがひどくないものから着手し、解体、クリーニング、洗浄、プレス作業等が
順次進んできています。
またこの続きからのスタートです。
昨年はのべ40人の方にボランティアとしてご参加いただきました。
あともう一息の作業ですので、ぜひぜひ御参加ください。


本年の狩野川台風被災文書ボランティアの日程です。
下記を予定しておりますので、参加できる会員は事務局までご連絡ください。
また作業の都合上、人数を調整させていただくことがございますので、
申し込みが定員を超えた場合は事務局で日程を割り振った上、ご連絡いたします。


◆日 : 1月15日(火)
      1月22日(火)
      1月29日(火)
      2月5日(火)
      2月12日(火)

◆時間:10:00~16:00(このうちの都合のよい時間で可)

◆場所:NPO文化財を守る会事務局
     静岡市葵区大岩1-4-4


◆申込 NPO文化財を守る会事務局
     電話054-293-6613 
     FAX054-248-0171
     メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp ({}を外してください)



<被災した文書について>

今回お預かりしている文書類は、昭和33年に伊豆半島を襲った台風第22号(通称狩野川台風)によって
被害を受けたものです。水損による被害から所有者によって助け出されたものの
そのままの状態で現在まで保管されていたものでした。
半世紀も前のことなので、どのように被害を受けたのかはっきりとはわかりませんが
数冊の文書については泥汚れが著しいまま乾燥しており、残りは部分的に泥が付着しているという状態です。

当会でお預かりし、クリーニング、欠損、破損箇所を修理したの後に
所有者へお返しする予定です。


狩野川台風についてウィキペディア                                     
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E5%B7%9D%E5%8F%B0%E9%A2%A8
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、毎月第4土曜日はNPO文化財を守る会の定例会開催日です。
今月1月26日は、通常の定例会と振り替えて、
静岡県文化財等救済支援員養成講座の会員限定講座を開催いたします。

こちらの講座を受講いただくと、静岡県文化財等救済支援員として
静岡県文化財等救済ネットワークに名前が登録されて、支援員登録証が発行されます。

会員の皆さま、ふるって御参加ください。


日時 平成25年1月26日 午前10時~12時

場所 静岡市文化財資料館

内容 地域の文化財の概要
    静岡県の文化財救済体制について
    文化財救済の実務

持物 筆記用具
    顔写真(登録証用タテ30×ヨコ25㎜ 2枚)……登録証発行用


申し込み
    会員限定講座ですので、申し込みは直接事務局へご連絡ください。

    NPO文化財を守る会事務局
    電話054-293-6613 
    FAX054-248-0171
    メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp ({}を外してください)







こちらの講座を受講できなくても、あと2回通常の公開講座があります。
受講を希望の方は、こちらにお申し込みください。

(伊豆)平成25年1月19日(土) 13:30~16:30
     松崎町農村環境改善センター 2階研修室

(西部)平成25年2月17日(日) 13:30~16:30
     湖西市新居地域センター2階 南中会議室

申し込み
   静岡県教育委員会文化財保護課のページをご覧ください。↓
   静岡県文化財等救済支援員への登録を!-登録申請案内-
   



静岡県文化財等救済支援員とは?

静岡県文化財等救済支援員登録制度要綱(pdf)
https://www2.pref.shizuoka.jp/all/file_download2100.nsf/B5353C2C38612ADE49257AA600025176/$FILE/tourokuseidoyoukou.pdf


静岡県文化財等救済支援員登録申請書(pdf)
https://www2.pref.shizuoka.jp/all/file_download2100.nsf/B5353C2C38612ADE49257AA600025176/$FILE/1tourokusinseisho.pdf


災害時の文化財修復、ボランティア活用 全国初、登録制度創設(静岡新聞 2012/10/24)
http://www.at-s.com/news/detail/474535673.html


南海トラフ地震に備え、被災文化財修復支援員募集へ 静岡で初の登録制度(SankeiBiz 2012/10/24)
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/121024/ece1210241107000-n1.htm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。