FC2ブログ
NPO文化財を守る会のブログです。こちらで活動のお知らせや報告をしていきます

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

NPO文化材を守る会では会員限定で定期的に修復体験企画を行っております。

島田市金谷にある洞善院の虎図修復が行われ、その際下貼り文書が発見されました。
NPO文化材を守る会では発見された下貼り文書の解体とプレス作業を会員の皆様と行います。
作業は2回に分け、1回目に解体、2回目にプレス作業を行います。


洞善院・下貼り文書解体・プレス作業(1回目)
日時:10月22日(土) 10:00~16:00
会場:NPO文化材を守る会 事務局
*当企画は会員様限定となっております。
ご興味のある方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
E-mail:bunkazai-m@tokai.or.jp
スポンサーサイト




こんにちは。
夏らしく暑い日々が続くようになりましたね。
そろそろお盆の準備を始めるころでしょうか。
近所の子どもたちの笑い声や蝉の鳴き声、日々の生活音に生命力を感じる今日この頃です。


さて、前回の記事では7月16日(土)に開催された文化財ウォークの模様を報告させていただきましたが、その中で触れた医王寺薬師堂にある天井画の修理が先日完了しました事と現場説明会のお知らせをさせていただきます!

まずは!取り付け直前の雲龍図の様子と修理を施した株式会社墨仁堂の職人の姿を掲載させていただきます。
※画像クリックで拡大できます。

DSCN5722.jpg

ピシッと修理された雲龍図と真剣に。

DSCN5731.jpg

最後は少し照れ混じりの笑顔で
皆様、お疲れ様でした!


修理された絵はこれから先、何十年にも何百年にも渡って受け継がれていきます。
子どもたちが大人になり、そのまた子どもたちも絵が見る事ができるように、歴史や技術を見る事ができるように、可逆性のある方法で修理をし、これから先の修理をし易いように作業しています。
過去のものだけを見ていると思われがちですが、未来をも見据えることが修理において大切な事の一つです。
基本は昔ながらの修理方法で、柔軟に最新の機器や方法も取り入れ、技術や精神を伝承し、職人たちが生まれていきます。

そして、医王寺薬師堂での現場説明会では、今後の当会活動でも活かすことのできる知識や新たな発見を得ることができるはずです。
既に8月3日の静岡新聞の記事でもご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。
リンク先の静岡新聞の記事にもあるように、8月28日(日)に一般向けの現場説明会が行われます。
説明会は13時30分、14時20分、15時10分からの3回を予定しております。
お申し込みは、島田市教育委員会文化課<0547(46)3446>までお願いいたします。


また、定期活動としての古文書の修理や、他の公開講座なども今後開催予定ですので、是非ご参加いただければと存じます!





NPO文化財を守る会では、文化財を守るための活動、
各機関との提携、資料の処置方法の認識共有、一般への周知、
文化財ウォークなどなどを皆様と一緒に行なっていけたら、と考えております。

ご興味のある方、一緒に活動してくださる方は、ぜひNPO文化財を守る会事務局までご連絡ください。
外部協力員になってくださる方も随時募集しております!
ブログの右の上から3番目のフォーム「一緒に活動しませんか?」の所から各種詳細をご覧になれます。
よくわからないよ~という方は、お電話でのお問い合わせでもご案内させていただいております!
お気軽にお問い合わせくださいませ!

■■■■■■申込み・問い合わせ先■■■■■■■■■

NPO文化財を守る会事務局

静岡市葵区大岩1丁目4-4

TEL 054-293-6613  FAX 054-248-0171

メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp { }をはずしてください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


平成28年7月16日(土)に開催する文化財ウォークの告知です。

まず、開催の直前の告知となってしまい大変申しわけございません。

急な告知ではございますが、医王寺の数百年に一度の修理現場を見学できるまたとない機会となっております。

ご都合のよろしい方はぜひご参加いただければと存じます。





毎日ムシムシと暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ミネラルや鉄分補給等をしっかりして健康にいきたい今日この頃ですね!

早速ですが、今回はそんな健康にいきたい気分に合わせたお知らせがあります



来週、7/16(土)に文化財ウォークを開催致します!


島田市の自然の中を歩いて、文化財に親しみ、気分をリフレッシュさせませんか?

今回訪れる予定の医王寺薬師堂では、テレビの中でさえ、なかなか見ることのできない天井画の修理現場を見ることができます。

熟練・若手の職人たちが力を合わせて文化財を修理する姿は、きっととても見応えのあるものになると思います。

脈々と続いてきた歴史を紡いでいこうとする彼らから何かを感じて頂けると幸いです。


詳細は↓をご覧ください。(画像をクリックすると大きなサイズで見ることが出来ます)
2016/07/08

※小雨決行です!






参加をご希望される方は、文化財を守る会事務局まで、こちらも短い期間となってしまいますが、メールまたはお電話にて7月13日(水)までにお申し込みください。


皆様のご応募、心よりお待ちしております。



■■■■■■申込み・問い合わせ先■■■■■■■■■

NPO文化財を守る会事務局

静岡市葵区大岩1丁目4-4

TEL 054-293-6613  FAX 054-248-0171

メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp { }をはずしてください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第二回 文化財梱包講習会
■■■仏像の梱包講習会■■■


基本的な文化財の取り扱い梱包技術を学ぶ「文化財梱包講習会」。その第二回として、

今回は仏像を取り上げます。

明治の初めに火災にあい廃寺となった建穂寺。

その時、建穂の人達は仏像を救出し、現在の観音堂に納めました。

この講座では、今に伝わる建穂寺の仏教遺産について学習し、

その保全並びに救済に備えての梱包方法を学びます。

技術講師には、文化財、美術品輸送を手掛けておられる日本通運株式会社

から豊泉直浩氏をお招きします。

日頃文化財の現場に携わる方から、文化財救済に備えたい一般の方まで、

仏像梱包に関する基礎技術が学べます



日  時  2015年12月10日(木)

集合場所  建穂寺観音堂(〒421-1214  静岡県静岡市葵区建穂2丁目12−6)

        会場アクセス
       できるだけ公共交通機関をご利用ください。
        JR静岡駅前バスターミナル3番乗場から「藁科線」乗車(8:51発)。
         約20分で「服織(はとり)小学校入口」バス停下車。バス停より徒歩8分。


プログラム

受  付  9:00~9:30

<午前の部>

09:30~10:00    ガイダンス 

10:00~12:00    建穂寺跡の散策と建穂観音堂内の仏像の見学 

     

<午後の部>

13:00~16:00    仏像彫刻等の梱包技術の講習 …日本通運㈱ 豊泉直浩

16:00~16:30    質疑応答


会  費 : 2,500円(テキスト代、講習費、材料費、会場使用料等)

持 ち 物 : 筆記用具、昼食(周囲には売店がありませんので、ご持参ください)

申込締切 : 12月7日(月) 定員20名 先着順

下記申し込み窓口に電話、FAX、またはメールでお申し込みください。お名前、連絡先、所属を添えてください。



主催 : 特定非営利活動法人NPO文化財を守る会

後援 : 静岡県文化財等救済ネットワーク

     静岡県教育委員会、静岡市教育委員会

協力 : 日本通運株式会社静岡支店

      建穂町内会




■■■■■■申込み・問い合わせ先■■■■■■■■■

NPO文化財を守る会事務局

静岡市葵区大岩1丁目4-4

TEL 054-293-6613  FAX 054-248-0171

メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp { }をはずしてください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



当会ではこれまで様々な修理事業を行ってきました。

当会に登録する修理技術者だけでなく、一般会員の皆様にも多く加わっていただいて修理をしてきました。

3年前からは静岡市所蔵の三町原区有文書の修理を継続させています。



せっかく培ってきた一般会員の方々の技術を、目に見える形に表し、さらなる技術習得の励みとするため

この度「古文書修理マイスター制度」を作りました。

そして4月から7月にかけて、これまで修理事業に加わってきていただいた一般会員の方を対象に

集中技術実習を行い、4名の方を「古文書修理マイスター」として認定しました。

今後はこの4名を中心に三町原区有文書の修理を進めます。



古文書修理マイスターを目指す方々には、当会が行う修理事業にご参加いただき、

その参加回数に応じて認定、登録をさせていただきます。




古文書修理マイスター制度

資格内容 : 古文書修理マイスター、古文書修理1級、古文書修理2級

認定方式 : 当会が指定する古文書修理事業への参加回数によって決定します
         参加10回・・・古文書修理2級
         参加20回・・・古文書修理1級
         参加30回・・・古文書修理マイスター

指導    : 当会の修理技術者及び古文書修理マイスターが、毎回技術指導します

申し込み : 当会が指定する古文書修理事業に参加する際に、古文書修理マイスター制度登録の希望を伝えてください

費用   : 2,000円 (登録事務費として)
当会が指定する古文書修理事業に参加する際の初日にお支払いください



問い合わせ
NPO文化財を守る会
静岡市葵区大岩1-4-4
電話054-293-6613
FAX054-248-0171
メールbunkazai-m{@}tokai.or.jp ({ }を外して下さい)



マイスター制度の図

 

           
          <認定証サンプル>
           登録証1