FC2ブログ
NPO文化財を守る会のブログです。こちらで活動のお知らせや報告をしていきます

2019/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文化財を守る会では外部協力員に登録くださる方を募集しています。

守る会の会員になるほどでは無いけれど、

もし大規模災害が起きたときには、何か手伝いたい、、、そうお考えの方は是非おねがいします。


外部協力員申し込み用紙




外部協力員とは?
東海地震などの大規模自然災害が発生した時に備え、NPO文化財を守る会では、文化財のレスキュー体制を整えています。外部協力員は、災害発生時になんらかの協力をすることができるとの申し出のある方です。


どのような協力をするの?

✓文化財へ
被災状況の確認、調査。被災した歴史資料などの整理、クリーニングなど

✓事務局へ
情報のとりまとめ(パソコン関連) 調査資料の整理

✓一時避難場へ
レスキューした資料を一時的に保管しておく場所の確保(倉庫、冷凍庫などをお持ちの企業様)
梱包用具など資材の提供、運搬用の車両と運転

✓その他
文化財防災マップへの投稿(平常時から可能です 
寄付


詳しくは事務局までお問い合わせください!!



NPO文化財を守る会事務局
電話054-293-6613
メール bunkazai-m(@)tokai.or.jp









スポンサーサイト
文化財の保存活動に興味のある皆さま。
是非私たちの会に加わって、一緒に活動しましょう!

入会案内 パンフレット表
入会案内 パンフレット裏


入会申込書 ←ここをクリックすると申し込み用紙が開きます。

プリントアウトして記入し、事務局までファックスしてください。
ファックスがない場合には、入会申込書にある必要項目をメールに書いて
事務局まで送ってください。


NPO文化財を守る会事務局
電話 054-293-6613
ファックス 054-248-0171
メール bunkazai-m{@}tokai.or.jp




NPO文化財を守る会の趣旨

文化財は私達日本人の大切な財産です。
そして、それを守り後世に伝えていくことは、今を生きる私達の責任です。
「NPO文化財を守る会」は、名の通り文化財を守ることを目的とする団体です。
静岡県では、30年以上前から東海大地震の発生が予想されています。
もし実際に発生すれば、文化財に対しても大きな被害がもたらされると思われます。
「NPO文化財を守る会」は、文化財に関心のある静岡県民をはじめとして、
文化財の所有者、美術館博物館などの研究者、修理技術者など文化財に関わる人々を会員とし、
いざ災害が起きた際に、適切な文化財救援活動ができるようなネットワークづくりを目指しています。


一年の予定

・定例会 毎月1回 第4土曜日 
・5月  総会
・夏   納涼会(花火鑑賞など)
・秋   文化財ウォーク
・冬   忘年会

・随時  下貼文書解体ボランティア
     襖絵解体ボランティア
     
     などなど、随時ボランティア活動を行っています。


会員総数

会員総数 57 名

内訳
修理、文化財管理専門技術者 10名
美術館博物館学芸員及び経験者 7名
美術館、博物館職員 4名
大学教員及び研究者 2名
その他一般 34名

(平成23年11月29日現在)






文化財を守る会について

文化財は私たち日本人の大切な財産です。そしてそれを守り後世に伝えていくことは、今を生きる私たちの責任です。文化財を守るためには、日常の保存環境に気を配り、大切に扱うことが必要です。また日頃からの文化財に対する防災意識を高め、地震や火災、水害などのいざというときに対応ができるように心構えをもつことが大切です。

私たちNPO文化財を守る会は、地震などの災害や、日常的な被害などから文化財を守ることを目的としています。会員に文化財所有者(博物館・美術館・寺院・個人など)間のネットワークを形成し、共に、安全についての意識の向上を目指しています。

また、文化財や伝統文化に親しみを持ち、守り伝える精神を広げるため、勉強会の開催、専門家の派遣、講習会事業、ボランティアによる文化財修理事業などを行っています。




活動内容

■文化財所有者との取り組み
文化財を災害から守るためには、平常時から文化財防災への心がけを呼びかけていくことが大切です。そうするこ
とによって、大地震などの災害が発生したときに、物理的な被害を少なくできるばかりか、紛失や廃棄、盗難などの人的被害を未然に防ぐことができます。

■文化財保存のためのサポート
会員の調査員が状態をお伺いし、必要な手当や保存方法などについてアドバイスします。また場合によっては、修
理や調査の専門家を派遣します。被災文化財や、手当の必要がある文化財を一括でお預かりし、専門技術者とボランティアによる修理を行ったりしています。

■学校教育の場で文化講座を開きます
子供達に、先生方に、文化財をより身近に知ってもらうため、色々なプログラムの文化講座を開いています。講義
だけでなく手漉き和紙を原料から作ったり、その和紙による古文書の補修体験なども行っています。

その他様々な取り組みをおこなっています。

特定非営利活動法人
NPO文化財を守る会

住所 : 静岡市葵区大岩1-4-4
電話 : 054-293-6613
fax  : 054-248-0171
メール: bunkazai-m{@}tokai.or.jp
         {@}の部分を@にしてください。

代表:友田千恵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。